キャンプ場徹底解剖!「BREEZE Family Camp」(千葉県館山市)|キャンプ場が、地域とのつながりや新たな学びを得るコミュニティの場に!

2022年6月13日 18:00

【EZドームハウス】ドーム型コテージはエアコン完備の快適空間

夜は中から灯りが漏れ出て美しいEZドームハウス

テントだけでなく、「EZドームハウス」という組み立て式多目的ドームも宿泊用として常設している。もともと災害避難時の仮設住宅などにも使えるもので、1日心地よく過ごせる。冷暖房完備で、中にはソファベッドがあり、4人まで宿泊可能。

セミダブルのソファベッドが2台完備

テントで寝るのはちょっと抵抗があるという人でも快適だ。天井の窓をスライドさせれば、中から夜空の星も見られるという特典付き!

「ここは本当に居心地がいいんです。特に夏がおすすめ!海で泳いでBBQをやって、クーラーで涼んで、夜は中でお酒を飲んで、遅くまで語らって…と、最高でしょ。滞在しているお客様をいつも『羨ましいなぁ』と思って見ています(笑)」と金子さんも太鼓判。

【デイキャンプ】日帰りBBQで館山の自然とグルメを満喫!

食材付きBBQプランを選択した場合は、テント前で強力ガスグリル「Weber(ウェーバー)」が利用可能。テント・ファーニチャー・BBQ付きのプランでは、ガスグリルの調理に適した食材が地元の水産業者直送で用意されていて、豪快なアメリカンバーベキューが味わえる。

Weberで豪快に焼いた食材の味は最高。グリルと魚介類の相性は抜群!

都内からやって来た仲良し家族は、キャンプ好きのお父さんの提案で初めて「BREEZE Family Camp」へ。

「ガスグリルの使い方、食材の下ごしらえや焼き方の説明が丁寧なので、食事が作りやすいです。1歳の次男をテントの中でハイハイさせたり、寝かせたりもできるので安心。管理棟にキッズスペースがあるのもありがたいですね」とお母さん。

袖ケ浦市にある東京ドイツ村に行くついでに、キャンプ場を訪れたそう

長男の息子さんは、無料で使えるバランススクーターに夢中。金子さんに乗り方を教えてもらって、すぐに乗れるようになった。そして、さすが子供はコミュニケーションの天才!ほかの家族の子供たちとも一緒に遊ぶように。

最初はおっかなびっくりで乗っていたが、たちまち上達する子供たち。バランススクーターは1人20分間の予約制

キックボードや三輪車なども貸し出し無料!

「各テントサイトの距離が近いので、子供たちはもちろん、大人同士でもぜひ交流してほしいですね。コロナ禍ということもあり、軽い挨拶程度にはなってしまうかもしれませんが、これをきっかけに貴重な出会いに発展するかもしれません」と金子さん。

フリーサイトではキャンプ道具を持ち込んでのデイキャンプも可能なので、その日の気分や予算に合わせて、利用を楽しもう。

【ユーティリティ】“常に快適”を心がけて清潔に保たれている水回り

さて、気になるのは共用施設の中だが、どこも新しく清潔で使いやすい。炊事棟には食器セット、調理器具、ガスグリル、シンクや調理台(6台)、調味料、電子レンジやケトルを完備していて、なんとすべて無料で使用できる。

炊事棟は24時間利用可能。調味料の用意もあるが、気になる人は持参しよう

トイレは常に丁寧な清掃がされていて、おむつ交換台もある。24時間使えるシャワー室には、ドライヤー、鏡、衣類を入れるバスケット完備の洗面所を併設。「特に水回りの清潔さにはこだわりました」と金子さん。宿泊者にはタオルが貸し出しされる。

常時清掃されているので、安心して使えるウォシュレット付きのトイレ

男女共シャワー室は3つ用意。リンスインシャンプー。ドライヤー、ボディソープ、クレンジング等を備える

  1. 1
  2. 2
  3. 3