アウトドアをハブに、さまざまなライフスタイルテーマをつなぐ「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」が開幕!

2023年1月12日 18:00

2023年1月13日(金)から、「幕張メッセ」(千葉県千葉市)の国際展示ホールにて「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」が開幕する。開催期間は、1月15日(日)まで。

「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」

「TOKYO OUTDOOR SHOW」は、アウトドアをハブに、環境やファッション、ライフスタイル、観光、乗り物といったさまざまなライフスタイルテーマをつなぐアウトドアイベント。「自然に優しく、自然を楽しむ。新しく豊かな、私たちのライフスタイル。」をコンセプトに開催されており、2023年は日本のアウトドアフィールドの素晴らしさと、そこでの楽しみ方を多角的に紹介すべく「INTO THE FIELD」をテーマとした。

アウトドアのみならず、さまざまなブランドや企業が出展!※画像は一部

今回の「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」には、アウトドアギア、クルマ、インテリア、アパレル、食品などジャンルレスなブランドや企業がブースを出展。日本が世界に誇るアウトドアブランド「snow peak(スノーピーク)」や「SABBATICAL(サバティカル)」は、2023年春に発売予定の新製品を会場内に先行展示されている。

名古屋のアウトドアショップ、mountain mountain factoryによる声掛けで集まったガレージブランドの集合体、M16

韓国発のアウトドアブランドが勢揃い

参加イベントで毎回大行列を生む日本の超人気アウトドアガレージブランド集団「M16」のブースが登場する一方、デザイン性とクオリティの高さが日本でも注目される韓国発のアウトドアブランドも集結。

アウトドアサウナなどアクティビティに関するブースも

会場内には、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの山下健二郎さんが所有するCT125ハンターカブが展示されている!

そのほか、最新のe-bikeやパックラフト、サウナなどの外遊びを提案するエリアも充実している。また、自然やアウトドアフィールドの保護活動などをしている団体などもブースを展開。

キャンプ、釣り、サーフィン、山登りなど、アクティブな趣味を子供たちと一緒に楽しむ芸能界屈指のアウトドア好きで、5児のパパでもあるタレント・つるの剛士さん

国立研究開発法人森林研究・整備機構 理事長・中静 透さんによる特別講演会は“日本のアウトドアフィールドの魅力と未来”がテーマ

期間中は特設ステージでのトークショーなども予定されており、1月14日(土)には、アウトドア好きパパタレントのつるの剛士氏や国立研究開発法人森林研究・整備機構理事長の中静 透氏らが出演。1月15日(日)には、キャンプ芸人として知られるバイきんぐの西村瑞樹氏とスパローズの大和一孝氏らが出演。両日とも、ほかにも多くのゲストが出演し、会場を盛り上げる予定だ。

カスタムカーの祭典、東京オートサロンと併催!

会場である「幕張メッセ」では、世界最大級のカスタムカーイベントとして知られる「TOKYO AUTO SALON 2023」が併催。両方のイベントに入場できる共通チケットも用意されているので、アウトドアだけでなくクルマも、たっぷりと満喫できる。「TOKYO AUTO SALON 2023」のチケットを所有していれば「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」への入場は自由。「アウトドアに少し興味がある」という自動車ファンもぜひ会場を覗いてみては?

「TOKYO AUTO SALON 2023」ロゴ



※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ事前確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

ウォーカープラス編集部 Twitter